ハーフコーティング・マシン

TOP > 製品紹介 > ハーフコーティング・マシン

ハーフコーティング・マシン

製品の表面に、ムラなく素早くコーティング

 TCC-600(ロープ方式)

 

本機は、エンローバーを基本にエクレア、シュークリームおよび菓子パン、ドーナツなどの表面に(上部のみに)チョコレートを掛けることを目的とした新型機です。チョコレートの掛かり具合にムラがなく均一化しており、また連続運転で生産性のスピード化が行なわれます。

ハーフコーティング・マシンの特長

  • 小型なのでスペースはとらず、可搬式でどこへでも簡単に移動できます。
  • 製品が(高速かつスムーズに移動できるように高速回転のロールを数本配置し、各ロールにスクレーパーを取り付けしてあります。
  • ロールとロールの間にチョコレートをカーテン状に流すので、チョコレートが付着しません。
  • 製品のカスがチョコレート内に混入した場合のためのカス取り網を付けてあります。
  • 原料チョコレートの流量調節が、自由・簡単にできます。
  • チョコレート循環ポンプモーターにより、タンク内のチョコレート生地の温度調整が可能です。

   TCC-300                        製品例               TCC-600(ロープタイプ)

機種別仕様・能力一覧

 


  長さ  (A)
Length
高さ  (B)
Height
幅  (C)
Width
ロール有効幅
Effective roll width
TCC-300 1,300 1,250 842 300
TCC-600 1,400 1,476 898 600
TCC-800 1,600 1,476 898 800
TCC-1000 1,800 1,476 898 1000
TCC-1200 2,000 1,476 898 1200
※この仕様は改良のため、予告なく変更する場合があります。
※Specifications are subject to change without notice.

当社製品のカタログをご覧いただけます。
(パソコンでご覧の方は電子カタログで、スマートフォンでご覧の方はPDFにて閲覧いただけます)